小野雅敏歌集『アルゴンキン』

かりん叢書
2019.2.19刊/四六判/204頁
定価2,700円(本体2,500円)
ISBN 978-4-86272-598-1

平明であるが、単純ではない。
そこにはさまざまな事象との出会いを超えてきた作者の
静謐な心がある。納得としてうたうとは
そういうことだ。 
                             (馬場あき子・帯より)
       あるがまま感ずるままに振る舞へば猫になりたる心地するべし
      酔ひさます冷気に仰ぐオリオンの右肩の星消えなむと言ふ
      プロポーズされたる夢に目覚めたり昨夜のドラマ艶やかなりし
      熟れ過ぎし無花果の実の食感にカルタゴ国の興亡思ふ
      狼を真似るガイドの遠吠えはアルゴンキンの湿原に消ゆ
      ユニセフのポスターの子は吾を見し渇きと飢ゑと臭気を思ふ
  • 2,700円(税込2,970円)