紡ぎし言の葉

紡ぎし言の葉  立木節子歌集

尖塔のかたちと思う落葉松の梢より青き風は生まるる
穏やかな無伴奏チェロ漂いて厨にシチュー程よく煮ゆる
花散りて夕べしらしら風とおる齢重ぬる寂しさに似て
細々と言の葉紡ぎて支えられし九十二歳ここらでよかろう


中野菊夫師の「樹木」から「丹青」へ。人生の山河を越え、「歌あればこそ」の思いに日々を歩む。卒寿の青春を生きる著者の第一歌集。


A5判208頁/
定価2500円(税別)
  • 2,500円(税込2,750円)