プレス・コードの影 GHQの短歌雑誌検閲の実態

「本書はプレス・コードの規制の影に覆われた、終戦直後の四年余にわたる
短歌雑誌の検閲の実態を検証するものである」(「あとがき」より)

言論の自由が明言された一方で、GHQにより秘密裏に行われた検閲。
プランゲ文庫に保管されていたすべての短歌雑誌111誌331冊と、そこに付された検閲文書を精査し、
短歌一首一首への具体的な検閲の内容や処分決定までの生々しい実態に迫る。
『兵たりきー川口常孝の生涯』の著者による渾身の成果。


【目次より】

第一章 GHQの短歌雑誌検閲
 第一節 検閲の実態
  
  1 検閲組織 
  2 日本出版法(プレス・コード)その他の規制 
  3 検閲の手順 
  4 「槻の木」「不二」の検閲 
  5 違反処分の内容 
  6 原子爆弾とマッカーサー 
  7 事後検閲へ 
  8 検閲者 
     
 第二節 検閲関係資料
  1 雑誌検閲票 
  2 雑誌処理票 
  3 雑誌発行届 
  4 新聞・雑誌傾向調査表 

第二章 第一区検閲局(東京)の検閲
  北海道/東北/関東/東京/ 甲信越・東海(静岡)の短歌雑誌検閲

第三章 第二区検閲局(大阪)の検閲
  北陸・東海(岐阜・愛知)/近畿・四国/の短歌雑誌検閲

第四章 第三区検閲局(福岡)の検閲
  中国/九州の短歌雑誌検閲


附 検閲関係年表・検閲短歌雑誌索引 


まひる野叢書
A5判ソフトカバー/324頁
ISBN978-4-86272-661-2
C0095 ¥3000E
販売価格 3,000円(税込3,300円)

カテゴリーから探す

コンテンツ