太陽の横  山木礼子第一歌集

地下鉄でレーズンパンを食べてゐる茶髪の母だついてきなさい


2013年第56回新人賞受賞作「目覚めればあしたは」から
「短歌研究」連載まで8年間の作品をまとめた待望の第一歌集。
子育て、仕事、生活…現代女性のひりつくような日々を、
冷静な視線をもって、みずみずしい感性でうたう。


たつぷりと遊びつくしたあとに来る小筆のやうなさびしさがある

みどりごはくたくたに疲れ生まれくる初夏さわがしい分娩室に

「日本死ね」までみなまで言はねば伝はらぬくやしさにこのけふの冬晴れ

いつか詩になると信じてやり過ごす日々にシンクの泡は壊れて

うすあをき雪の降りつむいろは坂 〈な〉のカーブより下り始めつ



装幀=花山周子



山木礼子(やまき・れいこ)
2011年「未来賞」受賞。2013年「目覚めればあしたは」で第56回短歌研究新人賞。


2021. 9.10刊
四六判ソフトカバー/136頁
定価2,200円(本体2,000円)
ISBN 978-4-86272-687-2
販売価格 2,000円(税込2,200円)

カテゴリーから探す

コンテンツ