私説 春日井 建 終わりなき反逆  荒川 晃

春日井建十九歳、著者二十歳。
同じ魂をもつ二人の邂逅ーー。

三島由紀夫に愛された過激さ。
短歌にあふれる同性愛、暴力指向、血への偏愛。
十九歳からの親友だから書けた、天才の真実はなにか。

三島由紀夫が「現代の定家」と評した春日井建19歳の短歌に出会い、20歳の著者は初めて建の家を訪ねる。その日から建の死去まで、天才の志したものが生涯の親友の目を通して語られる。


荒川 晃(アラカワアキラ)
1937年名古屋市生まれ。ルポライター。
名古屋外国語大学教授を経て、名古屋学芸大学短期大学部名誉教授。

四六判232頁/定価2200円(税込)
ISBN978-4-86272-694-0

販売価格 2,000円(税込2,200円)

カテゴリーから探す

コンテンツ