縦になる   有沢螢歌集

『シジフォスの日日』から四年余りの日々に詠まれた333首を収めた第五歌集。

「人々と星の距離ほども隔てられたような孤独のなかで、
人と会いたい、語りたいという渇望で体がいっぱいになったとき、短歌は私の言葉を掬い取ってくれた」
「どんな時でも、言葉は私たちの傍らに小さな希望のように寄り添ってくれているのだ」(著者あとがきより)


【歌集より】

わが額に置かれし友の緑の手ひと滴づついのちを注ぐ

三人の子らを忘れし母が歌ふ「主われを愛す」オルガンにのせ

一年と九箇月ぶりの車椅子庭にコスモス空に夏雲

もう二度と乗れぬと思ひし車椅子身体が縦になるを驚く

淹れたてのコーヒーが胃に落つるときふつふつと生の実感のぼる


有沢螢(アリサワホタル)
著・文・その他
1949年(昭和24年) 東京生まれ。六歳より作歌
1976年  聖心女子大学を経て、早稲田大学大学院文学研究科日本文学修士課程修了
2000年  歌集『致死量の芥子』上梓
2001年  「短歌人」入会
2007年  歌集『朱を奪ふ』上梓
2011年  歌集『ありすの杜へ』上梓
2015年  撰集『有沢螢歌集』上梓
2017年  歌集『シジフォスの日日』上梓
2020年  エッセイ集『虹の生まれるところ』上梓
販売価格 2,800円(税込3,080円)

カテゴリーから探す

コンテンツ