短歌研究 2024年4月号

☆ 3月21日(木)発売


今月の歌 岡野弘彦

【4月の新作作品集】
三十首
高野公彦「生活動線」
二十首
黒木三千代「悪について」/奥田亡羊「流木」/佐藤弓生「記憶について」/島田幸典「島の街」/高島 裕「バンシーズ」/魚村晋太郎「配管」
四十首
石井辰彦「冬の旅 秋のソナタ」

【特集 時を超えて、俵万智】
第1部 歌人たちの「俵万智短歌」 2首選と観照
伊藤一彦/伊藤紺/内山晶太/浦河奈々/岡本真帆/小佐野彈/川島結佳子/工藤吉生/栗原 寛/小島なお/佐佐木定綱/笹 公人/千葉 聡/堂園昌彦/永井 祐/野口あや子/平出奔/藤島秀憲/山木礼子

第2部 寄稿
枡野浩一「奇跡のような『いいね』」/松村由利子「魅惑のリズムのメカ二ズム」/ユキノ進「『俵万智』という大きな物語」/土岐友浩「『プーさんの鼻』の植物詠について」/三宅香帆「和歌と短歌を接続する『歌』」

第3部 特別対談収録
対談 俵万智×渡辺祐真|『あとがきはまだ』の「あとがきに代えて」
寄稿 渡辺祐真|『あとがきはまだ 俵万智選歌集』に寄せて

【寄稿「現代短歌2・0」を探して】
山田航「なぜ「歌人さん」という芸名なのか――枡野浩一の現在地」

作品七首+エッセイ
横田英夫「百寿」/千田慶子「十勝牧場」/石井敏明「おきふし」/大橋弘志「残り時間」/芹澤弘子「製造物責任」/若菜邦彦「語りたまへ」/仰木奈那子「家族をおもふ」/水口奈津子「オリオン」/田村ふみ乃「加速する脈動」

連載
仁尾 智+宮田愛萌「猫には猫の、犬には犬の シーズン2 第1回」
吉川宏志「1970年代短歌史29」
佐藤弓生・千葉 聡「人生処方歌集 57」
工藤吉生「SNSで短歌さがします29」

書評
川本千栄|後藤由紀恵歌集『遠く呼ぶ声』
弘平谷隆太郎|北山あさひ歌集『ヒューマン・ライツ』
田丸まひる|山階基歌集『夜を着こなせたなら』
荻原裕幸|正岡豊歌集『白い箱』
河路由佳|香川ヒサ歌集『The quiet light on my journey』
中山洋祐|山口青歌集『鳥瞰ノート』
真中朋久|楠誓英歌集『薄明穹』

短歌時評=川島結佳子「あなたいったい何者なの?」

作品季評(第130回・前半)=穂村弘(コーディネーター)/睥豹深臓神直承
佐佐木定綱「生物歌」/川島結佳子「夏夜」/睦月都歌集『Dance with the in visibles』

歌集歌書評・共選=池田裕美子/棗隆

短歌研究詠草 米川千嘉子 選
特選=田北明大
準特選=青柳啓子/黒澤信子/藤原はるか/熊谷純/赤坂千賀子/睥斌蝶ぁ針面酥也子/齋藤理津子/川島英子/江本たつ子/関口祐未/衣袋洋子/鈴木れい子/奥田ミヨ子/大滝慶作/西郷英治

第42回「現代短歌評論賞」募集要項
販売価格 1,091円(税込1,200円)

カテゴリーから探す

コンテンツ