亀さんゐない    池田はるみ歌集

流れていったいくつもの歳月が、
いっぽんの太い縄へと編まれ、
そしてまたやさしくほどかれてゆく。
ゆたかなさびしさを連れて——。


『正座』から五年、
池田はるみ第七歌集!

*第19回前川佐美雄賞を受賞しました!

【目次】より
ITこはい/惚と/亀さんゐない/左近川を渡つて/富岡八幡宮界隈/
歳月と時間/マスク売場/志村けん/相撲とコロナ ほか

〈歌集より〉

陽にむきて都こんぶを嚙みをればすつぱいままのさびしさが来る

亀さんの手押し車が来なくなりまた夏が来たくすのきのそら

橋の上のベンチに爺さまふたり居て川底みてる風がとほるよ

自らのおよぼす力のすくなきを解放といひ無力ともおもふ

「歳月」はなにも裁かずゆきたれば なるやうになりならぬものあり

このビルの傾斜のすごき階段を九十歳が上りてゆきぬ

夢のなか漂ふやうな傘がゆき晩秋を過ぎ初冬となりぬ

相撲つて裸で濃厚接触のスポーツなれど歴史は深い


2015年から2020年の作品479首を収録。
装幀=花山周子

ISBN978-4-86272-647-6
C0092 ¥3000E
定価:本体3000 円(税別)
販売価格 3,000円(税込3,300円)

カテゴリーから探す

コンテンツ