岡井隆と現代短歌   加藤治郎評論集

岡井隆こそ現代短歌である──
あらゆる角度から師・岡井隆を問い、「現代短歌とは何か」を問う。
前衛短歌の時代、ライト・ヴァースからニューウェーブへ。現代短歌を俯瞰し、
革新へ、未来へと繋ぐ渾身の評論集。


目次


走り続けた前衛歌人
一九八三年のことなど
「あばな」と言って旅立った
愛の歌
岡井隆の歌業


抽象という技術
叱つ叱つしゆつしゆつ 岡井隆におけるリアリズムの展開
『E/T』、未知の虚空へ
薔薇抱いて
第二芸術論の後に ─岡井隆の現在
岡井隆と現代短歌  
歌集という方法 
『神の仕事場』を読む
総合的な精神の存在
うたに出会う
わが師系 
明日の歌、今日の歌 


短歌形式の現在
題詠の饗宴の後に
現代短歌という存在
事実とリアリティーの乖離
前衛短歌という栄光
虚構の議論へ
ニューウェーブ三十年 
ニューウェーブの中心と周縁

初出一覧
あとがき


加藤治郎(かとう・じろう)

1959年名古屋市生。
1983年 未来短歌会に入会、岡井隆に師事。
1986年 「スモール・トーク」(30首)にて第29回短歌研究新人賞。
1988年 歌集『サニー・サイド・アップ』にて第32回現代歌人協会賞。
1999年 歌集『昏睡のパラダイス』にて第4回寺山修司短歌賞。
2013年 歌集『しんきろう』にて第3回中日短歌大賞。
2019年 歌集『混乱のひかり』刊行。

歌書に『TKO』『短歌レトリック入門』『うたびとの日々』『短歌のドア』『家族のうた』『東海のうたびと』。

未来短歌会選者。
「毎日新聞」毎日歌壇選者。
「朝日新聞」東海歌壇選者。

2021. 7.10刊
四六判ハードカバー/192頁
定価2,750円(本体2,500円)
ISBN 978-4-86272-675-9
販売価格 2,500円(税込2,750円)

カテゴリーから探す

コンテンツ