水の自画像  高野公彦歌集

平成から令和、そしてコロナ禍の日々──。
森羅万象を、定家や漱石を、老いゆくわが裡の哀歓を歌う。
2019年1月から2021年5月までの466首を収録する第十六歌集。


【歌集より】
             
信号を渡りゆくときわが老軀すこし秤動しながら歩く

群れ歩くスマホゾンビのそのうへに豪雨のごとく電波降るらし

日常の些事は一生を豊かにす茄子煮が上手く出来たことなど

コロナ禍の或る日おもへりにんげんは話し相手が無ければ 海鼠

本当のわれに会ひたく歌を詠み、詠みて本当のわれ見失ふ



装幀=岡孝治


2021. 7.7刊
四六判上製/248頁
定価3,300円(本体3,000円)
ISBN 978-4-86272-678-0
販売価格 3,000円(税込3,300円)

カテゴリーから探す

コンテンツ